システムキッチンのリフォームで明るさを

かつては木目柄や清潔感あふれる白いものがシステムキッチンの基本でした。しかし、ここ20年ほど、現職を取り入れたビビットなカラーが選択肢の一つとなりつつあります。理由の一つとして、室内で明るさを重視する傾向が出てきたことです。特に採光性や室内の明るさを充実させるリフォームや新築を行う家が増えたため、明るさをメインにした形に変化させる家庭が増えました。利用する前に色の強さを確認することが、より元気になれるカラーになるかが決まります。ショールームで赤や黄色、強いピンクなどを見ているとかなり派手なように思われがちですが、自宅に導入していれてみると、違和感がなく、むしろしっかりと家の中を明るくしてくれると喜ぶ体験者が増えています。利用する人の体験談を参考にして、確認して明るさを取り入れると満足度の高さを実感できます。

リフォームで高齢者に優しいシステムキッチン

老朽化したキッチンは高齢者にとって大変不便です。高齢者でも安全に使いやすい形のシステムキッチンにリフォームすることで、快適に利用し、年齢を感じさせない暮らしが可能となります。具体的には車いすでも利用が可能なタイプのシンクや流し台、車いすや疲れて椅子に座っていても安心してまな板を使えるような高さや広さがあることも重要です。更にコンロなどは火が出ないIHヒーターや、タイマーがついていてガス漏れの心配がないガスコンロ、洗い物をしなくても済むように食器洗い洗浄機をつけることなどが挙げられます。水栓なども力を入れずに指一本で水を出したり止めたりできるような形のものとして、センサータイプができました。そのため、力が入らなくても手をかざすだけで水を出したり止めたりできます。高齢者の方が安心して使えるように、収納にも工夫を凝らすことが重要です。

DIYとシステムキッチンのリフォーム

メーカーや工務店の中には、カタログ落ちしたシステムキッチンをニーズに合わせてリフォームで利用することもあります。必ずしも工務店やメーカーの用意したものを利用する必要もなく、システムキッチン本体だけを直接リサイクルショップなどで買う、知人から新古品をもらうなどで手に入れて、自宅で交換してもらう選択肢も増えてきました。ただ、気をつけてほしい事として、現在自宅で入っているものの大きさと、キッチンの広さを考える事です。新しいものを自分で手に入れるときに大きさが違っていて失敗した例はたくさんあります。そのため、プロに任せたほうが失敗が少ないといわれているのは事実です。しかし、大きさをしっかり計測しておけば問題はありません。ショップでも業務用などを販売しているところ、新古品販売をしているところなら、現在は言っているものと同様の大きさを見つけられます。